2021年03月22日

飲み物に気をつけよう歯科衛生士の三上です😊

こんにちは!
歯科衛生士の三上です😊


先週は春分の日で、私も連休でした🌸

でも残念なことに…

天気に恵まれず、室内で週末を
過ごしました😊


さて、最近は自宅で過ごす事が多いので、
ティータイムを楽しむ方も増えていると
思います💡

そこで今回は、
飲み物と「pH」について、
お話しします✨


pHとは、酸性・アルカリ性の程度量を
示すものです。

お口の中のpHは、唾液の成分で
一定に保たれています。


ところが、何かの原因で
唾液の力が上手く働かずに
お口の中が酸性に傾いてしまうと、

歯が溶けてむし歯になりやすく
なります❗️


pHが5.5より低くなると、
脱灰(エナメル質が溶け出すこと)が
起こります‼️


唾液の働きでpHは中性に戻り、
再石灰化(酸で脱灰した歯のエナメル質に
再び新しいカルシウムの結晶が沈着して
歯を修復すること)します✨


お口中の環境が酸性に傾くと、
初期むし歯の発生を促します💦


PHが酸性に傾かないよう、
摂取する飲み物にも
気をつけたいものです😃


砂糖を多く含む飲料水の過剰摂取には、
注意が必要です⭐️


image0.jpeg


ジュースを飲む事は悪くは無いですが、
量と時間を決め、ダラダラ飲みや就寝前は
避けてください😉

posted by 社本歯科 at 13:00| 日記 | 更新情報をチェックする