2017年02月23日

治療を中断してしまうと…

こんばんは⭐️アシスタントの山本です😊

『痛みがなくなった』や『忙しい』などの理由で途中で通院を辞めてしまった💦そんなことはありませんか??😣
私は学生時代はしょっちゅうでした‼️笑
しかし歯の治療を途中でやめると様々な悪影響があるんです💦

🔷削った歯に銀歯や差し歯を入れる予定の場合

詰め物や被せ物を作るために型取りをして放置すると合わなくなってしまうことがあります‼️精密な型取りをして歯にぴったりなものが作られるので、時間が長く経つと、お口の中も変化してしまいぴったり合わなくなることが💦
また治療中の歯はとても弱く、折れたり欠けたりすることも。そうすると作り直すことになり、より手間や時間がかかってしまいます😭

🔷むし歯を削って放置した場合

むし歯を削って治療したとき、すぐに詰め物をしないで、一度神経を鎮静させるためにお薬を詰めておくことがあります。このお薬は一時的な詰め物なので放置すると、詰め物がとれたり細菌が侵入することでさらに悪化することも😣

🔷歯の神経をとったまま放置した場合

神経をとったあとの内部はとっても弱くなっています💧神経の管を洗ってお薬を入れる治療は何回か行わなければいけません。中断すると神経の管は汚れ、歯の寿命を一気に縮める原因に😭
IMG_1393.JPG
なるべく歯を残すためにも、最後まで通院してくださいね😊
忙しくて次の治療まで期間が空きそうだったり、通院ができないときは事前にお伝えください。無理のないスケジュールをたてて一緒に治療を頑張りましょう✨



posted by 社本歯科 at 19:20| 健康情報 | 更新情報をチェックする