2018年10月02日

「秋バテ」に要注意!

こんにちは!
アシスタントの伊藤です。

涼しくなり、秋らしさが増してきましたね✨
私の大好きなお鍋もおいしい時期になってきました🎵
今年も体重増加に注意しながら、たくさん食べたいと思います😃

さて、みなさま「秋バテ」という言葉をご存知でしょうか?
秋バテとは
真夏の生活習慣により自律神経が乱れ、食欲不振や倦怠感が秋口まで続くことです。
夏バテが秋まで続いてしまうと秋バテになってしまうんですね😖

この夏、猛暑の影響で冷房の効いた室内で冷たい物を食べることが増えましたよね💦
その結果、内臓が冷えてしまい、自律神経が乱れ、夏バテ・秋バテにつながります💦

では、どのように秋バテを乗り越えるか…
いくつか対策をご紹介します✨

①食事
食欲不振になってしまうと、食事を抜いたり簡単なもので済ませたりしがちですが、
必ず1日3食をできるだけ決まった時間に摂取しましょう!
できるだけ冷たい食べ物は避けましょう!
冷たい物を食べるときは、お茶は温かくする。などバランスをとってくださいね😃

②室温調節
涼しくなったとはいえ、まだまだ暑い日がある時期です。
ですが真夏の冷房で冷えきった身体をもとに戻すため、少しずつクーラー離れをしましょう✨

③入浴
入浴には血行を促し、冷房で硬直した筋肉を和らげる効果があります。
さらには体内に溜まった老廃物を排出させようという動きが活発になります✨

④運動
真夏日が続くと外出を控えるようになり、運動はおろか日常的に歩く頻度も減っていきます💦
そうすると汗をかかなくなるため、体温調節がさらに鈍くなり、これも秋バテの一因となります。
早朝や日が沈みかけた夕刻時などを利用し、わずかな時間でもウォーキングなどの有酸素運動で体を動かす習慣をつけましょう✨

⑤睡眠
きちんと体調を整えるためにも睡眠も重要です!
暑さで眠りにつけない場合、冷房器具を使うことは有効ですが、
エアコンは冷えの原因になるので温度は28度~29度に設定しタイマーをかけるようにしましょう✨


冬の本格的な寒さになる前に秋バテを解消し、免疫力を高め、
インフルエンザなどのウイルスに負けない身体作りをしましょう😃
posted by 社本歯科 at 13:00| 日記 | 更新情報をチェックする