2019年05月30日

歯の生え変わり

こんにちは! 衛生士の中陳です☘
普段、当たり前に生えている『歯』

なぜ、爪や髪は伸びるのに、歯だけ生え変わるのか?

みなさんご存知ですか?

まず、わざわざ乳歯と永久歯という2段階構造になっているのは、、、

赤ちゃんの時は顎が狭くて、最初から大人の歯を並べようにも収まりきらないからです。

そのため、最初に生えてくる乳歯の数は20本❗️大きさも小さいです❗️❗️

骨格が十分に成長した頃を見計らって抜け落ち、体とアゴの大きさに見合った永久歯と交換する、というシステムなのです。

しかし、現代ではアゴの小さな成人も多く、永久歯32本全て自然にキレイに並ぶ人は少なく、親知らずが存在しない人もいます。

人間の長い環境の変化で、少しずつ変わっていっているようです☘

そして、歯のもととなる『歯胚』が一度しか作られない人間は、生え変わるのも一度だけです

歯胚がサメのようにどんどん作られたら、虫歯も怖くないのですが、、、

永久歯、お手入れ、治療で大切に守っていきたいですね❗️❗️
posted by 社本歯科 at 11:06| スタッフコラム | 更新情報をチェックする